【ワイドショー通信簿】コロナ激増に国・自治体・医療関係者が相次いで緊急会見! 渋谷街頭「また言われてもこれ以上は...」(とくダネ!)

【ワイドショー通信簿】コロナ激増に国・自治体・医療関係者が相次いで緊急会見! 渋谷街頭「また言われてもこれ以上は...」(とくダネ!)
拡大する(全1枚)

きのう21日(2020年12月)、新型コロナの国内累計感染者数が20万1629人と20万人を超えた。Googleからは24日後の累計感染者数が30万人に達するという驚きの予測も出されている。こうした事態を受け、きのう夕方、医療関係者や自治体のトップらが相次いで緊急会見を行った。

夕方5時には、9つの医療団体トップが異例の合同会見を行い「医療の緊急事態」を宣言した。日本医師会の中川俊男会長は会見で「医療制度が風前のともし火」と早め早めの対策を訴えた。東京都医師会の尾崎治夫会長も「ロックダウンに近いことをやってもらいたい」と危機感をにじませた。

分科会の尾身会長「急所を押さえれば収束に向かう」というが...

【ワイドショー通信簿】コロナ激増に国・自治体・医療関係者が相...の画像はこちら >>

同時刻、東京都の小池百合子都知事も緊急会見。「命の優先していただきたい。年末年始は家族でステイホームにご協力いただきたい」と訴えた。医療機関に対し、年末年始の重症者受け入れに一人1日30万円、中等軽症者は1日7万円、1日8時間以上開局する薬局に対しては1日3万円の協力金を払うと発表した。

午後6時からは西村康稔経済再生相と対策分科会の尾身茂会長の会見が行われた。尾身会長は「急所を押さえることができれば収束方向に向かう」として、ポイントを絞った対策を訴えた。急所にはお酒を伴う夜の会食だけではなく、昼のフードコートも含まれるという。6時半からは1都3県知事の会見も行われ、年末年始の過ごし方について呼びかけを行った。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク