<その女、ジルバ/第2話>(東海テレビ=フジテレビ系1月16日土曜放送) ポジティブな熟女ホステスたちに触発される40歳の笛吹、特訓でジルバを踊れるようになるが、職場ではリストラが待ち受ける
拡大する(全1枚)

福島県会津若松市で生まれ育ち、東京の短大を卒業した笛吹新(池脇千鶴)は、憧れだったアパレル会社に入社し、大手百貨店のアパレル店員として働いていた。同じ百貨店に勤務していた前園真琴(山崎樹範)と婚約までしたが、前園は部下の女子社員に手を出して妊娠させ、笛吹を捨ててその部下と『デキ婚』した。

だが、笛吹の悲劇はそれだけではなかった。華やかな百貨店の売り場から『姥捨て』と揶揄される物流倉庫へと出向させられ、『男なし、夢なし、プライドもなし』の負け組として40歳の誕生日を迎えた。おまけに誕生日の当日、物流倉庫の課長として出向してきたのが、なんと一番顔を合わせたくない元婚約者の前園だった。

その日の勤め帰りにたまたま迷い込んだ路地裏で、古ぼけたバー「OLD JACK&ROSE」の入り口に張り出された求人広告を目にした。それには「ホステス求む! 40歳以上」と書かれていたのだ。人生の折り返し地点で「変わらなきゃ!」と決意してドアを開けると、そこは超高齢熟女たちが生き生きと働く『熟女バー』だった。

店では「最年少ホステス」、自信をつけ職場でも楽しそうだが...

笛吹は、くじらママこと久慈きら子(草笛光子)やエリーこと花富屋敷衿子(中田喜子)、ナマコこと七子(久本雅美)、ひなぎくこと菊子(草村礼子)らとともに見習いホステス『アララ』として働き始めた。

慣れないながらもまずまずの接客ぶりを発揮し、客も『最年少ホステス』として可愛がってくれる。だが、ようやく人生に光明を見出した笛吹に、早々に試練が訪れる。