<青のSP-学校内警察・嶋田隆平-/第5話>(フジテレビ系2月9日火曜放送)中学校に試験的に導入されたスクールポリス。警視庁の切れ者刑事・嶋田は1年前に女性教師が死亡した事件を調べる

<青のSP-学校内警察・嶋田隆平-/第5話>(フジテレビ系2月9日火曜放送)中学校に試験的に導入されたスクールポリス。警視庁の切れ者刑事・嶋田は1年前に女性教師が死亡した事件を調べる
拡大する(全1枚)

東京都住浜区立赤嶺中学校に試験的に導入された学校内警察=スクールポリス(SP)として着任した警視庁捜査一課きっての切れ者刑事・嶋田隆平(藤原竜也)は、1年前にこの学校の女性教師が死亡した事件を調べていた。

1年前、美術教師だった岡部昌浩(遠藤雄弥)が当時2年生の女子生徒・涌井美月(米倉れいあ)にセクハラをした。涌井の担任だった音楽教師・小川香里(明日海りお)は岡部を許すことができず、校長・木島敏文(高橋克実)も交えてたびたび話し合いが持たれていた。

そして、岡部が学校を辞めた後のある夜、小川は帰宅しようとして自宅アパートの階段から転落し、死亡した。死因は脳挫傷だった。表向きは事故死として処理されたが、実は公表されていない事実があった。小川が学校への行き帰りに使っていた自転車のブレーキワイヤーが切断されており、小川の遺体には自転車で激しく転倒したと思われる擦過傷や打撲痕があったのだ。

校長は嶋田を排除しようと決意する

嶋田は殺人事件の可能性も念頭に置いて捜査を進め、それを快く思わない木島校長は「1年前のことをほじくり返すようなら、すぐに学校から排除する」と決意していた。

 

そんな中、男子バスケットバール部員・アレン徳永(川村ジーモン凜一朗)が、やはりバスケ部員で同じ3年1組の同級生・市原健太(奧智哉)と西田雄一(池田優斗)から、至近距離でバスケットのボールをぶつけられたり、持ち物を川に捨てられるなどのイジメを受けていることが分かった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

藤原竜也のプロフィールを見る
J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「藤原竜也」に関する記事

「藤原竜也」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「藤原竜也」の記事

次に読みたい「藤原竜也」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク