<青のSP-学校内警察・嶋田隆平-/第8話>(フジテレビ系3月2日火曜放送)恋人が自転車の転倒事故で亡くなった警視庁刑事の嶋田隆平は、真相を探るためスクールポリスとして赴任する。男性教師による女子生徒へのセクハラ事件の隠蔽工作に恋人も関わっていたと聞かされるが...

捜査を進めれば進めるほど、闇が深くなる迷宮のようだ。

野球部のエースが目にレーザー光線を照射される

そんな中、野球部のエース・矢島裕(長島令玖)が試合中、投球動作に入ったときに目にレーザー光線を照射され、頭部に打球を受けて脳震盪を起こした。矢島はチームメイトからの信頼も厚く、恨みを買うようなタイプではない。

嶋田は、学校に報告せず部員たちに休みなく厳しい練習を強制する『闇部活』を常態化させ、暴力をふるって部員の鼓膜を破裂させたこともある顧問の体育教師・阿部裕亮(音尾琢真)に恨みを持つ者の仕業ではないかと考えた。だが、阿部は、闇部活も暴力も「生徒のためにやったんだ」と突っぱね、反省する様子はない。

嶋田はふと、野球部について生前の香里から聞いた話を思い出した。練習で熱中症になった部員が帰宅途中、誤って路上に出て事故に遭ったというのだ。嶋田は、その事故以来学校に来られなくなった元部員・坂木司(山時聡真)の家を訪ねる。

一方、香里の事件の捜査にも進展があった。スマホに送られてきた香里と浅村の会話の音声データの送信元をたどると、野球部の一件との意外なつながりが見えてきたのだ。

香里の死の真相に近づいた嶋田に、校長・木島敏文(高橋克実)は「スクールポリスはスクールポリスの仕事をしてください」と釘を刺す。だが、嶋田はそんな妨害をものともせず、ついに学校が隠し続けてきた秘密を暴き、香里を死に追い込んだ黒幕の存在にたどり着く。「警察や法律の力には限界がある。正義は自分の手で下すしかない」と言っていた嶋田は果たして......。(よる9時放送)

                                                                                          

寒山

編集部おすすめ

当時の記事を読む

明日海りおのプロフィールを見る
J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「明日海りお」に関する記事

「明日海りお」に関する記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク