【ワイドショー通信簿】「地球上の善と悪が戦っており...」と儲け話 あるオンラインサロンで起きたコト(モーニングショー)

【ワイドショー通信簿】「地球上の善と悪が戦っており...」と儲け話 あるオンラインサロンで起きたコト(モーニングショー)
拡大する(全1枚)

インターネットを利用した会員制コミュニティー「オンラインサロン」の話題を、きょう7日(2021年4月)の「モーニングショー」が特集した。「新型コロナの影響もあって人気を集めていますが、一方で金銭トラブルも増加しています」とMCの羽鳥慎一が切り出した。

国内の市場規模は約86億円

オンラインサロンの仕組みは、参加者がサロンの主催者に会費を支払い、独自の情報やプライベートな話などを聞くことができるというサービス。新型コロナでネットの利用が増えたこともあり、オンラインサロンを運営する大手2社の会員数は、19年の計約8万7000人から1年間で計約16万5000人へと倍増。国内の市場規模は約86億円にのぼる。

番組では、オンラインサロンのひとつでトラブルにあった女性に話を聞いた。緊急事態宣言が出されていた昨年4月(20年)、自粛生活中に友人経由でオンラインサロンを知った。サロンの主催者である男性は「コロナをきっかけに地球上の善と悪が戦っており、今の金融システムが破壊され、イラクの(通貨)ディナールの価値が3000倍、4000倍になる」とメンバーに説き、ディナールの購入を勧めたという。女性も総額50万円をつぎ込んだ。「買っておきなさい、というあおりがすごくて。感覚がマヒしていたんでしょうね」。しかし、外貨の値段は下がる一方。女性は脱会し、他のメンバーと訴訟を検討しているという。イラク・ディナールをめぐる儲け話は、10年ごろから国民生活センターに何度も相談が寄せられている典型的な金銭トラブルの手口だが、サロンのメンバーは気づかなかったらしい。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

羽鳥慎一のプロフィールを見る
J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「羽鳥慎一」に関する記事

「羽鳥慎一」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「羽鳥慎一」の記事

次に読みたい「羽鳥慎一」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク