【ワイドショー通信簿】中高年の間違い絵文字 羽鳥慎一「ダブルで使ってる...」(モーニングショー)

【ワイドショー通信簿】中高年の間違い絵文字 羽鳥慎一「ダブルで使ってる...」(モーニングショー)
拡大する(全1枚)

メールやLINEを職場の部下らに送る際、「ごめんなさいm(__)m」などの顔文字や絵文字をつい使ってしまっていませんか――

きょう21日(2021年4月)の「モーニングショー」で、「実は若者には逆効果だそうです」とMCの羽鳥慎一が切り出した。いつもはアシスタント役の斎藤ちはるアナウンサーが、若者代表として解説役を務めた。

「若者はシンプルなマークを使います」

中高年がやりがちな「間違いその1」は、「!」や「?」の赤い太文字だ。「おじさん絵文字の代表です。若者はシンプルなマークを使います」と斎藤アナ。羽鳥は「私は、赤い『!』をダブルで使ってしまっていますね。ダメだ」。

「間違いその2」は、「ご飯(ご飯の絵文字)」のように、文字の後に同じ意味の絵文字を使うこと。「これはくどいと若者は思ってしまいます。柔らかく見せてくれているのはわかりますが、なくても伝わるかなと思いますね」と斎藤アナ。これに対し、元AERA編集長の浜田敬子は「『ありがとう(笑顔の絵文字)』は使っています」と告白。テレビ朝日コメンテーターの玉川徹は「これはやっていたかもしれないなあ。笑われていたんだろうなあ」とつぶやいた。

「間違いその3」は、文末に「(笑)」をつけることだ。若者が使うのは「笑」「www」「草」だという。「カッコをわざわざ打つのが面倒くさい。時間をかけたくないんですよね」と斎藤アナが解説した。

「使っていない」「ひと昔前みたい」と不評

番組が街で聞いたところ、記号を組み合わせて作る「(^^)」や「\(^o^)/」などの顔文字も、若者の間では「目が怖い」「使っていない」「ひと昔前みたい」と不評だった。

浜田「『草』はなんかバカにされているようで、違和感がありますね。若者に聞くと『そんなことありません』って言われるのですが」

玉川「きのう、(番組の元コメンテーターでジャーナリストの)青木理さんからLINEが来たのですが、カッコなしで 笑 と書いてあったんですよ。どこでそんなものを覚えたんだ!」

(キャンディ)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

羽鳥慎一のプロフィールを見る
J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「羽鳥慎一」に関する記事

「羽鳥慎一」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「羽鳥慎一」の記事

次に読みたい「羽鳥慎一」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク