【ワイドショー通信簿】「PCR検査は郵送でもできたんですね?」 谷原章介が気になったコト(めざまし8)

【ワイドショー通信簿】「PCR検査は郵送でもできたんですね?」 谷原章介が気になったコト(めざまし8)
拡大する(全1枚)

日本郵便はPCR検査の検体を入れる容器を三重に包むなど、決められた手順が守られていない場合は安全を確保できないとして、10日(2021年5月)から郵送を引き受けないことを決定した。7日の「目覚まし8」が伝えた。

PCR検査の検体の郵送について、日本郵便は利用者に対して検体を入れる容器に入れる際にウイルスを感染しない状態にする「不活化」を行うことなどに加えて、容器を箱などで三重に包むことを求めた。

「不活化したうえ、三重に梱包して投函」を

これは、世界保健機関(WHO)の感染性物質の輸送規則に関するガイダンスに従ったもので、これまでは封筒に入れただけのものがあったが、今後は業者から送られるキットに入っている不活化液で不活化したうえ、三重に梱包して投函しなければならない。もしも検体を封筒に入れただけで投函されたものが発見された場合には、差出人に返還されることになる。

MCの谷原章介の「PCR検査は郵送でもできたんですね?」と、世間知らずな問いかけに、お笑い芸人のカズレーザーは「民間がPCR検査を行うようになってから、検体を入れて郵送する検査法は爆発的に増えた。あまりにも増えすぎて追いついていないということがあるのではないか」と答えた。

谷原は「しっかり包装しないことで感染が拡大したら意味がないですからね」とコメントしただけだった。

(バルバス)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

谷原章介のプロフィールを見る
J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「谷原章介」に関する記事

「谷原章介」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「谷原章介」の記事

次に読みたい「谷原章介」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク