【ワイドショー通信簿】緩和進む欧米と日本の「差」のなぜ 政府・政治家の「本気度」の違いでは?(スッキリ)

【ワイドショー通信簿】緩和進む欧米と日本の「差」のなぜ 政府・政治家の「本気度」の違いでは?(スッキリ)
拡大する(全1枚)

報道フロアから森富美アナが、欧米では新型コロナウイル感染防止の規制が次々に緩和されていると伝えた。アメリカ・ニューヨークでは飲食店や小売店、映画館などに課されていた人数制限が1年2か月ぶりに撤廃され、マスクの着用義務が大幅に緩和された。

「フランスのパリではレストランやカフェなど飲食店の屋外での営業がおよそ半年ぶりに再開されました。来月(2021年6月)からは外国人観光客も受け入れます」(森アナ)

ワクチン接種のスピードに差

いま緊急事態宣言の延長が検討されている日本とは、なにが違うのか。「スッキリ」はけさ20日(2021年5月)放送の冒頭で違いを取り上げていた。やはりワクチン接種のスピードに大きく差があった。直近の1週間の1日あたりの接種回数を見ると、アメリカ177万回(2回の接種完了率37%)、ドイツ66万人(12%)、イギリス53万件(30%)、フランス49万回(14%・1回終了30%)、イタリア48万回(15%)に対して、日本は29万回(高齢者の1回目2%)にすぎない。

パリで飲食店を経営している田淵寛子さんは「薬局など、街中のいろいろなところで接種できるんですよ」と話す。フランスは獣医師、保育士、マッサージ・運動療養士、消防士も注射ができるように法律も改正した。モーリー・ロバートソン(国際ジャーナリスト)は「ニューヨークは(ワクチン接種を完了したら)マスク外していいですよと行政が言うようになってきています。ワクチンを観光資源にして、打ちに来てくださいと広報活動までやっていますよ」と報告した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク