映画「旅情」と「アバター」から考えるドラマの当たる要素

映画「旅情」と「アバター」から考えるドラマの当たる要素
拡大する(全1枚)

私は、2004年の7月から日本テレビのドラマ部長を1年やり、その後編成局長・制作局長を2009年2月まで担当しました。4年7か月ほどドラマの制作に関わっていたことになります。

私なりに考えた、ドラマが当たる要素を述べてみたいと思います。今から映画の例を2つ出しますが、「ドラマの考え方」としては、テレビドラマと共通していると思うからです。

人間の葛藤を描くドラマに必要な「ボーイ・ミーツ・ガール」

まずは、キャサリン・ヘプバーンが1955年に主演した「旅情」(アメリカの地方都市で秘書をしている独身の38歳の主人公が、長期休暇をとり念願のヨーロッパ旅行に出かける話)を見ていて思ったのですが、ドラマが当たる要素が入っていました。ドラマが当たる要素とは、 "こういう人がいる。こういうことをする。その人間が葛藤をする"ということです。

もちろんドラマの本質は「人間の葛藤」を描くことにある訳ですが、「旅情」のキャサリン・ヘップバーンは独身の秘書が憧れていたヨーロッパ、それも最終目的地の水の都ヴェネツィアに来て、1人の男性に出会う過程での演技が素晴らしいのです。

旅先で見せる彼女の動作一つひとつが、"あー、こういう人がいて、こういうことをするな"と思わせます。その彼女が、憧れのヴェネツィアで、出会った男性と恋に落ちて"葛藤する"ところがなんとも言えないのです。

"こういう人がいる。こういう人がいる。その人間が葛藤をする"ことは、ファンタジーでもいいのです。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク