【ワイドショー通信簿】子供へのワクチン接種に抗議 推進自治体に「殺すぞ」の声も(スッキリ)

【ワイドショー通信簿】子供へのワクチン接種に抗議 推進自治体に「殺すぞ」の声も(スッキリ)
拡大する(全1枚)

厚生労働省がファイザー製のワクチンについて、従来の16歳以上から12歳以上へと対象を引き下げたこと受け、若い世代への接種を進める自治体が増えている。「しかし、『子どもに接種はやめろ』などの抗議の電話が相次いでいます。どんな不安を抱えているのでしょうか」ときょう10日(2021年6月)の「スッキリ」で岩田絵里奈アナウンサーが切り出した。

人口約2500人の北海道・奥尻町では、今週中に65歳以上の高齢者の接種が完了するため、15歳以上の高校生にも接種券の配布を始めた。すると、町役場には毎日約15件の抗議の電話がかかるようになった。「『未知のウイルスに本当に効果があるのか』といった指摘をいただいている」と新村卓実町長は話す。

「市外や海外も含め1000件を超える批判」が来た自治体も

京都・伊根町では今月6日から12~15歳の接種を開始した。すると、役場には「子どもへのワクチン接種をやめろ」「(町長の)辞任を要求する」といった抗議の電話等がきのう9日までに約200件寄せられた。中には「殺すぞ」といった脅迫めいた内容もあったという。「電話が鳴りっぱなし。うちみたいな小さい町役場は(仕事が)止まっちゃいますよ」と吉本秀樹町長は困り顔だった。

岡山・総社市は小学6年から中学3年の学校ごとの集団接種を行うと表明したところ、市外や海外も含め1000件を超える批判が殺到した。片岡聡一市長は「ワクチンを打つ子、打たない子でいじめにつながるのではないか、という意見があった。それが私の心にずしっときた」と学校での集団接種は見直すことにしたが、「10月には修学旅行がある。それまでにワクチンを打って行かせてあげたい」と話していた。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク