瀬戸大也&萩野公介の友情が「エモ過ぎ」 インタビュー、ここで泣きました
拡大する(全1枚)

東京五輪の競泳男子200メートル個人メドレー決勝が7月30日(2021年)に行われ、瀬戸大也選手、萩野公介選手が出場。瀬戸選手はジェレミー・デプランシュ選手(スイス)とわずか0.05秒差で4位、萩野選手は6位だった。

1994年生まれの同い年で、度々レースで戦ってきたライバルの2人。萩野選手はケガ、瀬戸選手はスキャンダル発覚による活動停止など、苦難の道のりを経ての東京五輪だった。

「直前にグータッチしてすごい心強かった」

萩野選手は29日、200メートル個人メドレー決勝進出を決めた後のインタビューで、

「本当にいろんなことあったんですけど、こうしてまた、もう一本決勝行けるなんて、そして大也と一緒にまた泳げるなんて、もう神様がくれた贈り物としか思えないなと思って、すごく今幸せです」

と涙ながらに語っていた。

決勝では2人ともメダルを逃したが、レース後は晴れ晴れとした表情で、時折肩を組んだり、他国の選手と健闘を称え合ったりしながら取材エリアへ。

インタビューで瀬戸選手は、

「最後、メダル獲りたかったですし、準決勝よりもタイム上げられた中で獲れなかったのは少し残念だったんですけど、でも公介と一緒に夢の舞台でまた泳ぐことができて幸せですし、2人で戦えたことがほんとに幸せでした」
「久しぶりに世界大会で公介と入場する時に、直前にグータッチしてすごい心強かったですし、メダル獲れなかったですけど、それ以上に幸せな時間を過ごせました」