【ワイドショー通信簿】どうする新学期、子どもの感染拡大に悩む親や教育現場 「通常通り」は難しいのか(スッキリ)

【ワイドショー通信簿】どうする新学期、子どもの感染拡大に悩む親や教育現場 「通常通り」は難しいのか(スッキリ)
拡大する(全1枚)

きのう22日(2021年8月)、新型コロナ感染者数は全国で2万2285人、日曜日として最多となった。その中で、厚労省が警戒しているのが若年層の感染が増えていることだ。20歳未満の1週間ごとの新規感染者をみると、今年の第4波の時の5月19日までに5347人だったが、8月18日までは2万2960人と4倍超になっている。「スッキリ」は23日、子どもの感染を取り上げた。

萩生田文化相は学校の新学期を前に「国から全国一斉の臨時休業を要請することは考えていない。しかし、自治体などの判断で臨時休校はある」といっている。東京都の小池百合子知事は「家庭での子ども検温を毎日するなど健康観察をしっかりして、同居家族に体調不良があれば子どもの登校を控えてほしい」と呼び掛けている。

分散登校、オンライン授業の案も

親たちはどう考えているのか。東京都中央区の母親は「分散登校など、なるべく大人数を避けた方がいいと思います」。港区の母親は「受験生なので自粛になると、学業とか不安になるので、通常通りに行ってもらった方がいい」と話す。

では、教育現場ではどうか。千葉県の公立高校の教師は「4月から夏休みまでにコロナに感染した子はほとんどいなかったが、夏休みに入って10人、20人と出てきた。できるなら登校せず、授業はインターネットを通じて行うのが望ましい」という。一方、東京都内の中学校の校長は「通常通り新学期を迎えるべき。休校しても家庭で子どもが外出するような状況では学校を止めたからといっても意味がない」と指摘する。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク