【ワイドショー通信簿】コロナ規制の緩和案、なぜ今? 谷原章介「総選挙を意識、という声も」(めざまし8)

【ワイドショー通信簿】コロナ規制の緩和案、なぜ今? 谷原章介「総選挙を意識、という声も」(めざまし8)
拡大する(全1枚)

政府は来月(2021年10月)以降、新型コロナ緊急事態宣言で規制している飲食店営業や行動の制限を緩和する方針だが、再び感染が拡大に転じたりしないのだろうか。専門家からは「急ぎ過ぎだ」という指摘もある。「賛否があります」と司会の谷原章介が9月9日、取り上げた。

情報キャスターの倉田大誠アナ「緩和によって、感染対策などの認証を受けた飲食店は酒の提供ができるようになり、営業時間も延長されます。また、客側も、2回のワクチン接種が完了しているか陰性証明があれば、4人以上の飲食もOK。県境をまたいだ移動も可能となり、イベントなどの5000人制限も緩められます」

「予防行動が緩む」懸念も

マスク着用、大声を出さない、密にならないなどの条件付きだが、遅くまで飲食できるようになるというわけだ。スペシャルキャスターの古市憲寿(社会学者)は「いま日本のワクチン接種率(2回)はだいたい5割くらいで、イギリスやフランスなどヨーロッパが規制を緩和したのも、だいたいそのくらいということですよね」

ただ、日本医師会の中川俊男会長はこう心配している。「まずは希望する人全員に2回のワクチン接種を終えるべきで、いまの時期に緩和を発表することで、予防行動が緩む心配が強い」。愛知医科大の三鴨廣繁教授も「緩和の議論するのはいいが、方針として出すと緩んでしまう」とやはり緩和には否定的だ。政府分科会の尾身茂会長は「緩和は緊急事態宣言が解除されるのが前提」としている。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

谷原章介のプロフィールを見る
J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「谷原章介」に関する記事

「谷原章介」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「谷原章介」の記事

次に読みたい「谷原章介」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク