最終回迎えた今季ドラマ、いちばん「観てよかったと思った」作品は? 【アンケート】

最終回迎えた今季ドラマ、いちばん「観てよかったと思った」作品は? 【アンケート】
拡大する(全1枚)

2021年も9月中旬となり、テレビ各局の7月期ドラマは佳境に入ったり最終回を迎えたりしています。この1週間は最終回の放送が相次ぎました。

先週日曜(9月12日)からの約1週間に最終回の放送(東京圏など)があった人気ドラマのうち、みなさんが、いちばん「観てよかったと思った」作品はどれですか?(J-CAST)テレビウォッチが独断で取り上げた、以下の番組のなかからアンケートにお答えください(放送曜日、時間帯順)。また、1作しか見ていない場合でも、もし「観てよかったと思った」際は、その作品に1票を投じてください。

対象は6作品

対象作品は次の6番組です。

(1)「TOKYO MER~走る緊急救命室」(TBS系)。主役は鈴木亮平さん(チーフドクター喜多見幸太役)。危険な現場に駆け付ける救命救急チームの活躍を描きました。

(2)「Night Doctor(ナイト・ドクター)」(フジテレビ系)。主演は波瑠さん(救命救急センターのナイト・ドクター朝倉美月役)。夜の病院で奮闘する若手医師らの成長を追う「青春群像医療ドラマ」でした。

(3)「彼女はキレイだった」(カンテレ・フジテレビ系)。ヒロインは小芝風花さん(元「優等生美少女」ながら「冴えない残念女子」に成長した佐藤愛役)。愛が、子供の頃に同級生だった男性(中島健人さん)に再会したあとの変化と恋模様に迫りました。

(4)「プロミス・シンデレラ」(TBS系)。ヒロインは二階堂ふみさん(人生崖っぷちバツイチアラサー桂木早梅役)。偶然知り合った、金持ち・イケメン・やや性悪(?)の男子高校生(眞栄田郷敦さん)との「ゲーム」を通じ、その関係性にも変化が起きていく展開でした。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク