【ワイドショー通信簿】コロナとインフルのワクチン 両方接種したい場合、どうすれば?(スッキリ)

【ワイドショー通信簿】コロナとインフルのワクチン 両方接種したい場合、どうすれば?(スッキリ)
拡大する(全1枚)

6日(2021年10月)の「スッキリ」は、新型コロナウイルスのワクチン接種率やワクチン検査パッケージの是非などについて議論した。

現時点での日本のワクチン接種状況は、2回目接種を完了した人が61.5%、1回でも接種した人が71.7%。しかし、年代別に見ると、50代以上は7割から9割が接種完了している一方で、10代は27%、20代は39%(いずれも4日時点)にとどまっている。

加藤浩次「毎年この時期はインフルエンザの話題にもなります」

日本感染症学会専門医の佐藤昭裕医師「日本ではまだワクチン接種率が上がり続けていて、若い世代の人でも本当は打ちたいのだけど、まだ打ててないという人が多い。これからどんどん伸びてくるでしょう」

司会の加藤浩次「11月にはワクチン検査パッケージなどを始めようという話も出ています。このまま行くと11月までに8割を超えるかも知れないのに、ワクチン検査パッケージはいらないのでは?」

佐藤医師「おっしゃる通りで、集団免疫さえ出来上がればそういったものはいらなくなる。ただ、デルタ株は、その感染力の強さから、何%まで打てば集団免疫が出来上がるのかはまだ分からない。内閣官房が出しているAIの予測だと全人口の85%という数値も出てきているので、まだまだそこには到達していないと思います。個人的には、ワクチン検査パッケージがあった方が経済は回しやすいと思います」

宮崎哲弥(評論家)「80%以上行ったらワクチン接種パッケージは不要だという判断はやや早計だと思う。ひょっとしたら無駄にはなるかもしれないが、第6波がどうなるかは分からないので作っておいた方がいいと思います。結局無駄になったとしてもそれはそれ」

ここで加藤が、気になる疑問を口にした。

加藤「毎年この時期はインフルエンザの話題にもなります。両方のワクチンはどういう風に打てば良いのでしょうか」

加藤「コロナによってマスク、手洗いをして距離を取るようになり、インフルエンザが全然広がっていない。それでもやっぱりインフルエンザワクチンは打った方が良いですか?」

佐藤医師「打った方がいいです」

加藤「そりゃそうだよな」

(ピノコ)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

加藤浩次のプロフィールを見る
J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「加藤浩次」に関する記事

「加藤浩次」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「加藤浩次」の記事

次に読みたい「加藤浩次」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク