【ワイドショー通信簿】みちょぱ、群馬県知事の好感度に言及 「(怒りの会見で)下がると思ったけど...」(スッキリ)

【ワイドショー通信簿】みちょぱ、群馬県知事の好感度に言及 「(怒りの会見で)下がると思ったけど...」(スッキリ)
拡大する(全1枚)

毎年この時期話題になる、民間調査会社ブランド総合研究所の「都道府県魅力度ランキング」を、安村直樹アナが報告。1位はMCの加藤浩次の出身地・北海道と言われた加藤が「すいません。13年連続なんで」と自慢げに言うと、タレントの池田美優みちょぱ)は「ちょっと鼻につく」と指摘。

そのみちょぱの出身地・静岡は15位。タレントのモーリー・ロバートソンの広島は19位。経営コンサルタントの坂口孝則の佐賀は46位で、坂口は「この結果を起爆剤にしてほしい」と悔しそうに言う。スタジオゲストの一喜一憂を見た加藤が「こうやって楽しくしゃべるためのランキングなのですが、これに怒っている人がいる」と紹介したのが、去年の40位から44位にランクダウンした群馬県の山本一太知事。なんと、会見で「ランキングの根拠が不明確。法的措置も検討する」と怒りを露にしたのだ。

この魅力度ランキングで、毎年話題となってきたのが最下位争い。最下位の常連だった茨城県は、発奮し県の広報を強化した。その1つが自虐キャッチコピーで「伸びしろ日本一」は大きな話題になった。その成果もあって昨年は最下位を脱出。変わって昨年の最下位になった栃木県は「47(そこ=底)から始まる栃木県」プロジェクトを始動させ、今年は順位を41に上げた。

加藤浩次「魅力をアピールされてしまった」

そんな中で、「内容を精査し、法的措置も検討する」と言う群馬県・山本知事は、スッキリの取材に、フリップまで用意してアンケートに対する3つの疑問を提示した。その1つ目は「1つの項目で評価していること」。認知度、観光意欲度など89項目あるアンケート調査のうちの1つにすぎない魅力度だけを発表しており、「極めて狭いコンセプトをもって魅力度としていること」だと指摘。2つ目は、「配点が不自然である」こと。アンケートでは魅力度を5段階で評価するが、最上位は100点、2番目が50点、3番目以降がすべて0点であることを指摘。「等間隔で配分するのが一般的ではないか」と言う。3つ目は、「下位25県がわずかな点差内にある」こと。「1位から10位までの差は31.8点なのに23位から47位はわずか7点差にあり、統計の専門家によるとこれは誤差の範囲内」だと指摘した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

加藤浩次のプロフィールを見る
J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「加藤浩次」に関する記事

「加藤浩次」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「加藤浩次」の記事

次に読みたい「加藤浩次」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク