【ワイドショー通信簿】飲食OKと「ゾーニング」 店側の複雑な心境とは(めざまし8)

【ワイドショー通信簿】飲食OKと「ゾーニング」 店側の複雑な心境とは(めざまし8)
拡大する(全1枚)

新型コロナウイルス感染者は17日(2021年10月)、東京都で今年最少の40人となり、全国でも429人だった。政府は早ければ、11月にも、飲食店の時短営業を含めた制限を全面解除する方針だ。私たちの暮らしはどうなるのか。18日の「めざまし8」が伝えた。

山際大志郎・経済再生相は17日のテレビ番組で、「早ければ、11月に入れば、何の制限もなく、様々な生活が送れるようになる。いまのトレンドが続けばですよ」。大野元裕・埼玉県知事は、「店内をエリア分けすることで、ワクチン証明書などを確認できる人もできない人も、両方ともに店の利用が可能になる」。

「めざまし8」が実証実験の内容を紹介

政府は埼玉県とともに、感染防止と経済活動の両立を図るための共同実証実験を始める。埼玉県上尾市の飲食店では、客がワクチン接種済みかどうかで分ける「ゾーニング」を今週金曜日から実施する。同店は、換気の良い入り口側の半分をカーテンで仕切ってワクチン・陰性証明のない客用とし、ワクチン接種証明などのある客は、奥とカウンターの席を使う。

ただ、店主は「未接種だからと言って、差別的に、店側として対応せざるを得ないというのは、非常に心苦しい。本来なら、お客さまはすべて同じ対応をさせていただきたい」。店によっては、「国としてどういう取り組みをしたいのか、ちょっと理解していない。実証実験で何を実証したいのか、説明会に行ったんですけれど、理解しきれないところがありました。お客さんが嫌な思いをすると、難しい話になってきちゃうので」。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク