【ワイドショー通信簿】性別に関する思い込みの現状 加藤浩次「変えていきましょう!」(スッキリ)

【ワイドショー通信簿】性別に関する思い込みの現状 加藤浩次「変えていきましょう!」(スッキリ)
拡大する(全1枚)

18日(2021年10月)の「スッキリ」は、「アンコンシャス・バイアス」を取り上げた。アンコンシャス・バイアスとは「無意識の思い込み」という意味で、例えば、「デートや食事のお金は男性が負担すべき」「女性は感情的になりやすい」といったものがある。

内閣府は、性別に関する「男性だから・女性だからこうあるべき」という性別に関する思い込みについて初めて調査。対象は全国の20代から60代の1万330人だ。その結果、「性別に関する思い込みはあるか」という問いに全体の76%が「あると思う」と回答。

「男は仕事、女は家庭」の意識が...

性別役割意識の上位3位を男女別に見てみると...。

男性の1位は「女性には女性らしい感情があるものだ」、2位は「男性は仕事をして家計を支えるべきだ」、3位は「デートや食事のお金は男性が負担すべきだ」。女性の1位は「女性には女性らしい感情があるものだ」、2位は「男性は仕事をして家計を支えるべきだ」、3位は「女性は感情的になりやすい」。上位2位は男女とも同じだった。

アンコンシャス・バイアスを調査しているクオリア代表取締役の荒金雅子さんは「日本は、『男は仕事、女は家庭』といういわゆる性別・役割分担意識が世界の中でも非常に強い。50代~60代の男性にはアンコンシャス・バイアス意識が強く出ているので、その息子世代である20代男性にもこの意識があります」と話す。

2006年、警視庁記者クラブの女性初のキャップになったという下川美奈(日本テレビ報道局社会部解説委員)は、当時を振り返りこう語った。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

加藤浩次のプロフィールを見る
J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「加藤浩次」に関する記事

「加藤浩次」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「加藤浩次」の記事

次に読みたい「加藤浩次」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク