【ワイドショー通信簿】電車内で「この人大丈夫かなって見ちゃう」 京王線事件うけ井上咲楽に変化(めざまし8)

【ワイドショー通信簿】電車内で「この人大丈夫かなって見ちゃう」 京王線事件うけ井上咲楽に変化(めざまし8)
拡大する(全1枚)

東京・調布市の京王線で31日(2021年10月)、刃物を振り回して逮捕された「ジョーカー男」を知る人は、「明るくいい子だった。信じられない」という。どうして凶行に走ったのか。11月2日の「めざまし8」で犯罪心理学者が分析した。

殺人未遂の現行犯で逮捕された服部恭太容疑者(24)の凶行でけがをした17人のうち重体の男性(72)の容体は、なお予断を許さない状況だという。服部容疑者は「仕事で失敗。友人関係もうまくいかなくなり、死にたいと思った。自分では死ねず、死刑になりたかった」と供述している。

犯罪心理学の専門家が分析

犯行直後に車両の座席で煙草をふかす服部容疑者を撮影した男性(23)は、「電車越しに2、3メートルくらいの距離まで近づいて、ずっと見ていた。目を合わせてくれなかった。右腕にナイフ、左手に震えた煙草。5分ほどあの体勢だった」「やり切った感というか、もう終わったみたいな」。

福岡県出身の犯人の小中学校時代を知る人は、「こんなことをする子とは思っていなかった。率直にびっくりした。どの学校にもいる普通のまじめな生徒」。別の知人も、「あいさつもしっかりできて、明るくいい子でした。金髪にしていることさえ意外だった」。「交際している子がいて、マンションの下でいつも会っていた」。文春オンラインの記事では、その女性と別れた後に、漫画喫茶に来たお客さんを盗撮して、店をクビになった。知人はいう。「頼れる人がいなかったんじゃ。相談できる人もいなくて、追いつめられたというのがあったんじゃないか」。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

井上咲楽のプロフィールを見る
J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「井上咲楽」に関する記事

「井上咲楽」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「井上咲楽」の記事

次に読みたい「井上咲楽」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク