【ワイドショー通信簿】重すぎランドセル問題 加藤浩次「キャリーバッグでいいんじゃないの?」(スッキリ)

【ワイドショー通信簿】重すぎランドセル問題 加藤浩次「キャリーバッグでいいんじゃないの?」(スッキリ)
拡大する(全1枚)

森圭介アナが「ランドセル症候群」と言われる問題を紹介。小学1年~3年とその保護者1200人を対象に医師らが行った調査の結果、小学生の90.5%がランドセルが重いと回答。そのため、3人に1人が「通学ブルー」になっていたことがわかった。12日(2021年11月)の「スッキリ」の放送。

「置き勉」禁止の学年や学校も

都内の小学2年生男子のランドセルを計ってみると6.5キロ。体重は24キロで、実に体重の4分の1以上の重さだった。なぜそんなに重いのか、ランドセルの中身を見せてもらうと、算数だけで教科書やノート、ドリル等で4冊もあった。

別の小学3年生男子のランドセルも6キロあり「思っていた以上に重かった。肩は痛くなるし、背中もいたい」と話した。

千葉工業大学の福嶋尚子准教授は「『脱ゆとり』といわれている学習指導要領の改定があった2008年から、教科書自体も増えページ数が増えている」と解説。実際に、去年の小学1~6年生の教科書(全教科)ページ数は8520ページで、これは05年と比べ1.7倍に増えている。副教材も増え、さらに最近はタブレット端末も加わり、さらに重くなっているという。

米国の小児科学会によると、筋肉や関節の痛みが生じる可能性があるため背負う荷物は体重の10~20%を超えないようにすべきとしている。文部科学省は宿題以外を持ち帰らず、学校に置いたままにする「置き勉」を取り入れるなどの配慮を教育現場に求めている。しかし、小学3年生の男子は「3年生までは置き勉しちゃダメなんです」と言う。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

加藤浩次のプロフィールを見る
J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「加藤浩次」に関する記事

「加藤浩次」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「加藤浩次」の記事

次に読みたい「加藤浩次」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク