【ワイドショー通信簿】COP26の「成果」の評判 谷原章介「大事なのは...」(めざまし8)

【ワイドショー通信簿】COP26の「成果」の評判 谷原章介「大事なのは...」(めざまし8)
拡大する(全1枚)

英国グラスゴーで開かれていたCOP26(国連気候変動枠組み条約締約国会議)は13日(2021年11月)閉幕したが、土壇場で「石炭火力発電所の廃止」が途上国の反対で採択されず、「段階的削減」にとどまった。その背景に何があったか、15日の「めざまし8」が伝えた。

石炭火力発言は「段階的削減」に

グラスゴー市内での環境保護団体のデモ行進に参加した高校生、福代美乃里さん(16)は言う。「今までは、私の将来が危ないから、気候変動を今、止めなきゃいけないんだ、という思いだった。でも、先住民の方や最も被害を受けている地域の方のスピーチで、本当にその方々が体験していること、いかに今困っているかを聞いて、自分の将来を守るためだけではなくて、いま既に被害を受けている人たちを守るために、私たちは運動を続けなければいけないと、すごく感じた」。

福代さんは「世界の分断」も痛感した。「日本は技術やお金もあってCO2を減らしていくことができる。途上国はお金も技術もないから難しい。だから日本が今後、もっと減らしていくべきなんだと、フィリピンから来た子から聞いた。日本も、これまで排出してきた責任としても活動すべきと思った。目標でなく、実行していくことが大事」。

スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさん(18)も、SNSで痛烈に批判した。「COP26はまとめると、Blah,Blah,Blah(ああだこうだいうだけ)。No more Blah」。会場周辺では、ガソリン車のタイヤの空気が抜かれる事件が頻発した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

谷原章介のプロフィールを見る
J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「谷原章介」に関する記事

「谷原章介」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「谷原章介」の記事

次に読みたい「谷原章介」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク