「予算削減」逆手にとった演出が笑わせる 「JKからやり直す~」の見どころ3点

「予算削減」逆手にとった演出が笑わせる 「JKからやり直す~」の見どころ3点
拡大する(全1枚)

11月10日(深夜枠、11日未明 2021年)にスタートの水ドラ「JKからやり直すシルバープラン」(テレビ東京系)。累計20万部超えの同名コミック(原作・林達永×作画・李惠成)が原作。

バブル期に権力と富の絶頂を極めた傲慢なお嬢様・二ノ宮小百合(鈴木ゆうか)。しかし、バブル崩壊とともにその栄光は崩れ、30年後、孤独な中年ホームレスに。公園で若者に蹴られ、意識を失ったその時......。気がつけば、高校時代にタイムリープ! 30年前に戻った47才の女子高生(JK)は、今までの生き方を悔い改め、老後、ホームレスにならないようなシルバープランに則り、新しく人生をやり直すストーリー。

「予算削減で生徒分の上履きは用意できませんでした」

注目すべきは、ドラマのあちらこちらに出てくる「予算削減」演出。

オープニングで、「このドラマは、キャスト・スタッフ一同の老後資金を守るべく、精いっぱい制作費を抑えてお送りします。」と出てきて何かなと思ったが、それが要所要所で出てくるところが面白い。

たとえば、初回のバブル時代の回想シーン。映像ではなく、主人公二ノ宮小百合の語りと写真で乗り切り、自宅のシーンで、母親は姿を現さず、「予算削減のため母は声のみで登場します。」とやる。

学園内でも、下駄箱のシーンでは「予算削減で生徒分の上履きは用意できませんでした」とか、教室のシーンも、クラスメートの数が少ないなと思ったら、「予算削減のため生徒数8割減にてお送りします。」などというように。「予算削減」を逆手にとった演出が笑わせる。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク