【ワイドショー通信簿】日大理事長逮捕の「その後」 高橋真麻「新体制になって欲しいと思っても...」(スッキリ)

【ワイドショー通信簿】日大理事長逮捕の「その後」 高橋真麻「新体制になって欲しいと思っても...」(スッキリ)
拡大する(全1枚)

東京地検特捜部はきのう29日(2021年11月)、日本大学の田中英寿理事長(74)を約5300万円の脱税容疑で逮捕した。捜査関係者によると、自宅の家宅捜査では1億円以上の現金が見つかっているという。日大をめぐる疑惑では板橋病院建て替えに関して元理事で田中理事長側近の井ノ口忠男被告(64)と医療法人錦秀会前理事長・籔本雅巳被告(61)らも背任の疑いで逮捕・起訴されている。

30日の「スッキリ」は、理事長の逮捕に学生たちから「こんな大学選んでちょっと悲しくなった」「いつか(逮捕される)とは思っていたが、今日とは思わなかった」などの声があがっていることを伝えた。

大学ジャーナリストの石渡嶺司さんは「まずは驚いた。(田中理事長は)数々のスキャンダルを『だんまり作戦』で逃げ切りに成功してきた」と語る。

ロバート・キャンベル「学生、研究者にとても大きな損失」

2018年の日大アメフト部による悪質タックル問題では、田中理事長は雨でもないのに傘を広げて取材陣をシャットアウトし、大学トップでありながら問題に対して表に立つことはなかった。今回の板橋病院疑惑でも取材に無言を貫き、大学内の会議では「検察は俺を捕まえる手がないんじゃないか。井ノ口、籔本は捕まったけど、俺は逮捕されることはない」と話していたという。

13年の長きにわたり日大のトップに君臨していた田中理事長だが、いったいどんな人物で、いかにして権力を掌握したのか。石渡さんは「ドン田中の一強体制が13年続いてきた。少しでも意向に反することを言えば左遷される恐怖政治で、怖くてものが言えない」という。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

高橋真麻のプロフィールを見る
J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「高橋真麻」に関する記事

「高橋真麻」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高橋真麻」の記事

次に読みたい「高橋真麻」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク