アンソニー・ホプキンスの演技に凄み 映画「ファーザー」を見て

アンソニー・ホプキンスの演技に凄み 映画「ファーザー」を見て
拡大する(全1枚)

私は先日、Netflixで「ファーザー」を見ました。

「ファーザー」は2020年に公開された、イギリス・フランスの合作映画です。この映画は、認知症をテーマにしたもので、第93回(2021年)アカデミー賞では、アンソニー・ホプキンスが、主演男優賞を受賞しました。(ネタバレあり)

認知症が進行し、そして...

長女のアン(オリヴィア・コールマン)は、80歳になった父親、アンソニー(アンソニー・ホプキンス)に、認知症の兆候が見え始めたのを、心配していました。アンソニー(アンソニー・ホプキンス)に、ヘルパーを付けようとしたアン(オリヴィア・コールマン)でしたが、気難しいアンソニーは、難癖をつけてヘルパーを追い出す始末でした。しかし、アンソニーの病状は悪化の一途を辿り、記憶が失われていくだけではなく、自らが置かれた状況すら、把握できなくなっていきました。困惑するばかりのアンソニーは、苛立ちを募らせ、アンに、当たることもありました。アンは、そんな父親を、懸命に支えていましたが、気力と体力は消耗するばかりでした。

最後は、アンソニーは、それと知らず老人ホームに行きます。

アンソニー(アンソニー・ホプキンス)の演技が、なにしろ凄いのです。最終的には、自分の名前もわからなくなり、最後は「ママ、迎えに来て」と叫び、何が何だかわからない状態になります。

また、のちにはパリに行くことになる娘のアンも、素晴らしい演技を見せます。父親に対する愛情と、老人ホームに行かせることの、葛藤で悩みます。

老人ホームの、介護士の女性(オリヴィア・ウィリアムズ)も「一緒に、散歩に行きましょう。散歩に行ったら、食事をして昼寝をしましょう。そして、また散歩に行きましょう」と、まるで子供をあやすように、アンソニーに接します。この女性のこの態度に、救われます。

この、映画を見て人生の在り方を、考えました。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク