テーマは親ガチャ? JK柏村(祷キララ)の苦悩と変化

テーマは親ガチャ? JK柏村(祷キララ)の苦悩と変化
拡大する(全1枚)

「JKからやり直すシルバープラン」(テレビ東京系)の今回(12月9日未明、2021年)のシルバープランは「家族は人生の味方か、敵か」がテーマである。柏村真紀(祷キララ)の実家は弁当屋。ギャンブルに明け暮れ借金まみれの父の代わりに、放課後は実家で働いている。二ノ宮(鈴木ゆうか)たちは弁当を買いに行って売り上げに貢献。高校生らしい仲間になってよかったのだが、柏村の父親の体たらくは続いていた。

親を罵倒した娘の頬をピシャリ

ある日、父親の借金の取り立てが娘の学校まで来てしまう。父親が登場すると真紀は「死ねばいいのに!」と叫ぶ。そのとたん二ノ宮は真紀の頬をピシャリ。「今すぐお父さんに謝って」というが、真紀がすぐに謝るのは無理でしょう。お父さんの協力者として支えてきたのに、裏切られた真紀の怒りの爆発はすぐには止められないはず。

ところで「あんたみたいな親、いらない!」と二ノ宮小百合が父親を罵倒している回想シーンがときどき入るが、二ノ宮すごい形相。でも90年代風の化粧がばっちり。「そうそう、こんな女子がいっぱいいた」と共感してしまう。

小百合は「家族の絆は絶対」と主張。そして原田先生(山崎樹範)は「親とは自分で選べない人脈。ひとつの人脈として家族は大切にしたほうがいい。ただ親子関係に依存するのは人脈ではない。それならば縁切りしてもいい」と真紀にアドバイスする。「家族は人生の味方か敵かは、難しすぎたけど、私は家族は 味方だと思ってる」「家族の関係性って難しいな 自分の親はクソ親ではなかったけど、柏村さん親子観てると何とも言えない気持ちになる」というネットの声も。敵か味方かについては簡単に答えが出ないし、割り切ることもないかな。

結局、父親が猛省してギャンブルからは足を洗うと約束し、青春ドラマ風に柏村父娘の関係も修復。明日から頑張ろう!めでたしめでたしで終わった。「柏村父娘、よかったね」という声もあったが、どうも腑に落ちない。こんなにまん丸で収まらないのが「家族」なのだよなあ。しかし父親の作る「残り物チャーハン」はおいしそうなので、ぜひ復活してほしい。そういえば「残り物には福がある」ということわざは、家族から学んだ人が多いように思うがどうだろう。

(Y・U)

編集部おすすめ

当時の記事を読む

祷キララのプロフィールを見る
J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「祷キララ」に関する記事

「祷キララ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「祷キララ」の記事

次に読みたい「祷キララ」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク