「妻、小学生になる。」毎田暖乃の名演技 重要な難しい回でもさく裂!

「妻、小学生になる。」毎田暖乃の名演技 重要な難しい回でもさく裂!
拡大する(全1枚)

金曜ドラマ「妻、小学生になる。」(TBS系)。10年前、事故で妻・貴恵(石田ゆり子)を亡くし、生きる意味を失い、抜け殻状態になった新島圭介(堤真一)と娘・麻衣(蒔田彩珠)のもとに、小学生に生まれ変わった妻(毎田暖乃)が戻ってきた――。

人気漫画が原作の荒唐無稽な設定だが、緻密な脚本・演出、俳優陣のたしかな演技でただのファンタジーに終わらせない人間ドラマ、家族再生の物語として見応えがある。

温かい家族団らんシーンに「ほっ」

2月18日(2022年)放送の第5話は、貴恵の生まれ変わりである小学生の万理華が、母親・千嘉(吉田羊)にほんとうのことを伝える重要な回だった。

前回、万理華に手を上げそうになった千嘉を止めた圭介。「あなたが彼女を大切にしないのなら、僕が彼女を引き取ります」と宣言。錯乱状態の千嘉は、「出て行け!」と娘を追い出す、というところで終了。

緊迫したシーンで終了したので、今回は重く暗い内容になるのか、と思ったが、予想は裏切られ、10年ぶりの家族団らんに圭介と娘・麻衣はワクワク。一緒にゲームをしたり、3人で川の字になって寝たりと、失われた日常が戻ってきたかのようなシーンに心が和む。嬉しくてなかなか寝られない2人を、「もう1時よ、早く寝なさい」とたしなめる万理華。その姿が小学生というのもおかしい。

翌朝、朝食を作る音で目覚めた圭介は、キッチンに立つ貴恵(こちらは石田ゆり子)の姿をみつけるが、それが万理華になっているという、入れ替わりドラマにありがちなシーンも。時々、毎田が石田に見えるシーンを入れてくるが、そんなことをしなくても、視聴者はもう毎田の中に石田を感じているので充分なのに。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

石田ゆり子のプロフィールを見る
J-CASTテレビウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「石田ゆり子」に関する記事

「石田ゆり子」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「石田ゆり子」の記事

次に読みたい「石田ゆり子」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク