「真犯人フラグ」日野の意味深カット ヒント?それとも...「最終考察」盛り上がる
拡大する(全1枚)

連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)第19話が、3月6日(2022年)に放送された。(ネタバレあり)

河村俊夫(田中哲司さん)が相良凌介(西島秀俊さん)に、二宮瑞穂(芳根京子さん)と真帆(宮沢りえさん)が3年前に一緒に占いに行っていたこと、その頃二宮は真帆が働いていたスーパーの常連客だったことを伝える。二宮は会社を休み、連絡も取れなくなっていた。

店の鍵?凶器?護身用?

二宮は凌介と同名の人物が登場する小説のようなものを書き、それがSNSにアップされネットが騒然となる。河村もこれを見つけ、真相に迫るため動いていた。

週刊追求のカメラマン・両角猛(長田成哉さん)の連絡で小説のことを知った凌介は、小説の内容が今回の家族の失踪事件について書かれていること、そしてその文字が二宮の字だと勘付く。バー「至上の時」で日野渉(迫田孝也さん)に伝えている最中、河村が等々力茉莉奈(林田岬優さん)にインタビューするため店にやってくる。

等々力は二宮から、姉が林洋一(深水元基さん)の婚約者だったこと、真帆と一夜を過ごした林が真帆に本気になり、二宮の姉と別れたいと思って強羅誠(上島竜兵さん)に相談したこと、「風俗嬢で反社と繋がって美人局をやっている」とのでたらめをSNSに投稿され、職場と林の耳に入って婚約破棄された後に姉が自殺したこと。そして「私はあいつ(林)が殺したいほど憎い」と聞いていたことを明かした。

等々力へのインタビューが終わった後、河村は「自分で調べてはっきりさせる」と店を出る。河村が危ないと感じた凌介と日野も河村を追いかけたが、店を出る前に日野は一瞬立ち止まり、何かを手に取って店を後にした。