真犯人フラグ、「最後まで疑ってごめん」 予想はずれた視聴者からも反響 (ネタバレあり)
拡大する(全1枚)

連続ドラマ「真犯人フラグ」(日本テレビ系)最終回が、3月13日(2022年)に放送された。(ネタバレあり)

相良真帆(宮沢りえさん)を誘拐した犯人は河村俊夫(田中哲司さん)だった。河村は凌介(西島秀俊さん)に、

「俺は真帆ちゃんが好きだった。だから俺のものにしたかった」「俺は絶対的に自信があった小説でお前に負けた。でもお前は小説をやめた。俺が何よりほしかったもので俺を潰して、それをあっさり捨てたんだよ!しかもお前は真帆ちゃんと結婚しやがった。お前はまた俺が欲しかったものを、大した努力も苦労も代償もなくヘラヘラ笑いながら奪っていく!だから真帆ちゃんを奪った。お前を、お前が大切なものを徹底的に痛めつけてやったんだよ!」

などと動機を明かした。

アイスピック手に詰め寄る

河村は汚職政治家を追う中で林洋一(深水元基さん)と真帆がホテルの部屋に入っていくのを目撃していて、凌介に黙っている代わりに「今だけは自分のものになってくれ」と真帆に迫る。しかし真帆に抵抗されたため殺害、さらに林も殺した。

河村は強羅誠(上島竜兵さん)に依頼し、真帆の遺体をエンバーミング(遺体衛生保全)。棺桶におさめて、凌介と真帆の出会いの場でもある大学の講堂のベンチに置いていた。

美しい真帆の亡骸を凌介は泣きながら抱きしめる。凌介とともに河村を追いかけてきていた日野渉(迫田孝也さん)も泣きながら、「至上の時」を出る直前に持ち出したアイスピックを手に