次の「相棒」は「初の女性」の伏線? 右京への鑓鞍のセリフが気になる
拡大する(全1枚)

3月23日(2022年)に最終回を迎える「相棒 season20」(テレビ朝日系)で、杉下右京(水谷豊さん)の相棒を務めてきた冠城亘反町隆史さん)が卒業となる。

3月16日放送の第19話「冠城亘最後の事件―仇敵」では、国家公安委員長の鑓鞍兵衛(やりくら・ひょうえ、柄本明さん)を8年前に襲撃した京匡平(かなどめ・きょうへい、本宮泰風さん)が出所し、再び鑓鞍を狙っているとの情報が浮上していた。

「野郎2人のコンビなんてね、暑苦しいでしょ?」

京に関する情報を伝えに鑓鞍を訪れた特命係の2人を、鑓鞍は自身につけているSP、津崎真茅(野波麻帆さん)と湯本律郎(柿本光太郎さん)に紹介する。

鑓鞍が湯本の名前を覚えていなかったことについて、杉下は

「最近交代なさったんですか?先程先生があなたの名前を覚えてらっしゃらなかったので。このタイミングですからねぇ、もし交代があったとしたら理由は何だろうかと気になりましてね」

と尋ねる。鑓鞍が

「最近交代してもらったの。彼だけじゃなく2人ともね」
「男女ペアにしてもらったの。私ほら、男女共同活躍推進会議の顧問だから」

と答えると、杉下は

「申し上げている『あえてこのタイミング』というのは、京匡平の再襲撃のタイミングになぜ?という意味ですが」

とたたみかける。鑓鞍が

「京なんて関係ないの。このタイミングもどのタイミングも、男女平等は時代の要請。だからですよ。2人組なら男女のペア。今どきね、野郎2人のコンビなんてね、暑苦しいでしょ?」