右京&冠城の別れ 「相棒史上1番泣けた」
拡大する(全1枚)

相棒 season20」(テレビ朝日系)最終回スペシャル 第20話「冠城亘最後の事件―特命係との別離」が、3月23日(2022年)に放送された。(ネタバレあり)

鑓鞍兵衛(柄本明さん)襲撃計画が無事未遂に終わった後、法務事務次官の日下部彌彦(榎木孝明さん)が冠城亘(反町隆史さん)を喫茶店に呼び出し、公安調査庁について

「霞が関の盲腸なんて陰口たたかれて久しいが、正直公安調査庁の存在意義を真剣に問い直す必要がある。改革のための強烈なインパクトが欲しいなぁ...」

と漏らした。

「中年だって荒野をめざしたっていいじゃないですか」

冠城による社美彌子(仲間由紀恵さん)への働きかけで、青木年男浅利陽介さん)が内閣情報調査室に異動することに。青木が特命係に報告に来た際、冠城が

「そっか。じゃあこれでお前と俺はライバル関係だな」「俺、警視庁辞めて、公安調査庁、移ります」

と突然報告した。

冠城は日下部から、

「来ないか?強烈なインパクトが欲しいって言ったろ。正式採用じゃない。契約職員だ。今流行りの」

と直談判されていたのだ。

警視監の甲斐峯秋(石坂浩二さん)から決断の理由を聞かれた冠城は、

「強いて言うなら、荒野をめざす。青年は荒野をめざしますけど、中年だって荒野をめざしたっていいじゃないですか」
「そこに何があるかわかりませんが、俺ってまず動いてみてから考えるんです。そのわけを」

と語った。

「もう少し、一緒にやりませんか?」