【ワイドショー通信簿】悠仁さま高校ご入学 「めざまし8」が詳報(めざまし8)
拡大する(全1枚)

秋篠宮ご夫妻の長男、悠仁さまが9日(2022年4月)、筑波大学附属高校に入学された。皇族が学習院以外の高校に進学するのは戦後初だが、悠仁さまはどのような高校生活を送られるのか。11日「めざまし8」では周辺の警備態勢なども取材、詳しく報じた。

悠仁さまは入学にあたり「今日入学式を迎えることができてとてもうれしく思っています。学業に励みながら、興味を持っていること、関心をもっていることをさらに深めていきたいと思います。諸行事などの学校生活も楽しんでいきたいと思います」と抱負を語られた。

谷原章介「急に大人びたように感じるのは...」

悠仁さまは、お茶の水大学附属中学時代の2019年、机の上に刃物を置かれる事件も起きている。皇族を迎える筑波大学附属高校では、2月の定例意見で「できる限りの方策を立てよう。経験の深いお茶の水大学や宮内庁にお聞きする」と警備態勢の強化を表明している。めざまし8が周辺を取材すると、校舎裏の塀の上には真新しい2重の有刺鉄線やしのびがえしが設置されている。周辺住民に話を聞くと、先月15日から入学式直前まで工事が行われていたという。正門前には警備用とみられる白い箱が設置され、朝昼には見回りの警察官も見かけられた。

秋篠宮ご夫妻は文書で「充実した高校生活を送ってくれることを願っております」とご感想を語られた。

フジテレビの橋本寿史・皇室担当解説委員は「秋篠宮家では、世代が近いイベントにご一緒することで、まずは悠仁様もご両親と一緒に御公務に参加されることから始められるのではないか」と語る。