「マイファミリー」新展開&新事実 温人(二宮和也)にかかってきた電話
拡大する(全1枚)

日曜劇場「マイファミリー」(TBS系)5月1日(2022年)放送の第4話で、東堂樹生(濱田岳さん)の娘・心春(こはる、野澤しおりさん)について新事実が判明した。(ネタバレあり)

鳴沢温人(二宮和也さん)と未知留(多部未華子さん)の娘・友果(大島美優さん)が解放され、入院先に訪れた刑事の葛城圭史(玉木宏さん)は誘拐されていた時の状況を事細かに聞き出そうとする。友果が怯え、失禁してしまったところで、医師から「終わりにしてください!」と制される。

「遠足の場所」の意味

病院を出て車に乗り込もうとする圭史に樹生が声をかけると、圭史は

「鳴沢温人から聞いていたはずだ。1回目の身代金受け渡しの際、遠足の場所を聞いてきたこと」

と詰め寄る。

樹生が「4年前と同じ、同一犯です」と答えると、圭史は「それがわかっていて何でホシを追わなかった」と問いただす。

「友果ちゃんのためです」と答えた樹生に呆れたような表情を見せて立ち去ろうとする圭史に、樹生は

「俺は、心春ちゃんを取り戻すために、捜査を続けています」「俺が信頼できるのは葛城さんだけです。お願いします。葛城さんもあきらめずに、ホシを挙げてください」

と呼びかける。圭史は「当たり前だ」と返し、その場から去った。

友果が帰ってきてから約1年後、温人と未知留は友果の誘拐事件の顛末を記した暴露本が出版されていることを知る。2人は三輪碧(賀来賢人さん)が執筆したと疑う。

一方圭史は、友果を誘拐した犯人を捕まえるため、街頭でビラ配りをしたり、捜査一課長の吉乃栄太郎(富澤たけしさん、サンドウィッチマン)に友果の事情聴取をしたいと掛け合ったりするが、なかなか思うように動けない。