【ワイドショー通信簿】政治的男女格差、日本は「ワースト10」入り 谷原章介「(候補者男女均等法が)一応はあるんですが」(めざまし8)
拡大する(全1枚)

フランスの新首相のエリザベット・ボルヌさん、アメリカのホワイトハウス報道官に任命されたカリーン・ジャンピエールさん、NATO加盟問題でしばしば登場するスウェーデンのアンデション首相とフィンランドのマリン首相、在任中に産休を取ったニュージーランドのアーダーン首相ら、世界には女性のトップや政府要職者が多くいるが、「それに比べて、日本はなんて遅れていることよ」と、けさ20日(2022年5月)の「めざまし8」で情報キャスター倉田大誠アナが改めて取り上げた。

フランスとの違いは?

倉田「フランスは2000年に、選挙で男女同数の候補者擁立を義務付けたパリテ法を定め、1999年には10.9%だった国民議会の女性議員が、2019年には38.8%になりました。それでも要職への女性起用が少ないという指摘もあって、たしかに、ボルヌ首相はフランスでは女性としては2人目、30年ぶりのことです」

そのフランスは、世界経済フォーラムのジェンダーリポートによると、政治的男女格差の少なさでは20位。1位はアイスランド、2位フィンランド、3位ノルウェーで、6位にアフリカのルワンダが入っている。倉田がそれらの政府の閣僚たちの集合写真を見せたが、なるほど半分は女性である。

では日本は? 147位だ。先進国の中では最下位レベルと番組パネルには出たが、155カ国中の下から9番目と、先進国どころか、世界のワースト10に入ってしまっている。理由は女性の議員や閣僚が少ないこと少ないことだ。