23年秋朝ドラは「ブギウギ」 「歌って踊れる」ヒロインは誰に?予想盛り上がる 【アンケートつき】
拡大する(全1枚)

来2023年度後期放送の連続テレビ小説 第109作が「ブギウギ」に決定した。6月24日、NHKが発表した。

「東京ブギウギ」や「買物ブギー」などの名曲で知られ、戦後の大スターと呼ばれる歌手・女優の笠置シヅ子さん(1914-85)をモデルに、「激動の時代の渦中で、ひたむきに歌に踊りに向き合い続けたある歌手の波乱万丈の物語として大胆に再構成」するという。原作はなく、映画「百円の恋」(2014年公開)などの足立紳さんが脚本を手掛ける。音楽は服部隆之さんが担当する。

「関西弁×パワフルな...」

物語は香川生まれ、大阪育ちのヒロイン・鈴子が、銭湯の看板娘から「ブギの女王」と呼ばれる歌手となっていくさまを描く。

発表では、

「このドラマには、これまでの朝ドラにはないほどの歌と踊りが出てきます。愉快なリズムが響きわたり、ワクワクさせてくれる物語を日本中に、そして、海を渡り世界中にお届けします」

とPRしている。

ヒロインが笠置さんをモデルにした歌手、そして歌と踊りが多いと告知されていることで、ツイッターなどでは誰がヒロインを務めるかの予想や願望のコメントで盛り上がっている。

目立つのは

「笠置シヅ子さんの雰囲気と声のイメージからして伊藤沙莉ちゃんがぴったりだと思う」
「何となくパワフルなパフォーマンスができそうなので伊藤沙莉ちゃん」
「そろそろ小芝風花ちゃんで朝ドラヒロイン見たいところ。関西の子だし」
「関西弁×歌って踊れる×パワフルなコメディエンヌというと、小芝風花かな」

など、伊藤沙莉さんと小芝風花さんを推す声で、そのほか

「『歌って踊れる』に元乃木坂の生ちゃん(生田絵梨花さん)もあり得そう」
「この間NHKで歌謡曲ドラマ(昭和歌謡ミュージカル また逢う日まで)やってた福本莉子ちゃん辺りかしら?」

といった書き込みもみられる。

(TT)