昔、東京一の部数を誇った「萬朝報」という新聞があった

昔、東京一の部数を誇った「萬朝報」という新聞があった

 明治の新聞人、黒岩涙香をご存じだろうか? 大衆新聞「萬朝報」を創刊し、一時は東京で最も発行部数が多い新聞にまで育て上げた。スキャンダル報道で支持を集め、涙香は「まむしの周六」の異名を取った。一方では「探偵小説の元祖」としても知られた小説家だった。

 本書『ミネルヴァ日本評伝選 黒岩涙香』(ミネルヴァ書房)は、多面的な貌をもつ黒岩涙香の本格的な評伝である。

スキャンダルと報道

 著者の奥武則さんほど、涙香の評伝を書くのにふさわしい人はいないだろう。毎日新聞社で学芸部長、論説副委員長、特別編集委員などを経て、現在客員編集委員。2003年から17年まで、法政大学社会学部教授を務めた。涙香にかんする著書も『蓮門教衰亡史』(現代企画室)、『スキャンダルの明治』(ちくま新書)などがあり、明治のメディアの専門家だ。

 来年(2020年)は、涙香の没後100年にあたる。今やその名を知る人は少なくなったが、スキャンダルと報道、新聞社の経営など、その生涯を通じて現代に訴えることは多い。

 「序章 大衆社会に先駆けた人」「第一章 『政治の世界』をめざして」「第二章 『政治青年』の挫折」「第三章 『萬朝報』以前」「第四章 『萬朝報』の創刊」「第五章 相馬家毒殺騒動」「第六章 『まむしの周六』の虚実」「第七章 栄光の『萬朝報』」「第八章 たそがれの『萬朝報』」「終章 黒岩涙香とは誰なのか」という構成になっている。

 涙香は、文久2年(1862)、現在の高知県安芸市で生まれた。土佐藩の郷士の家柄だったが、坂本龍馬の家とは家格が違い、先祖は長宗我部元親に抵抗した忠臣だったという。養父の黒岩直方(涙香の叔父)は裁判官で、涙香は大阪上級裁判所判事になっていた養父を頼って大阪に出る。その後旧制第三高等学校になった大阪英語学校に入学するが、コレラの流行で学校が休校となり、大阪を離れて東京へ行く。明治14年(1881)慶応義塾に入るが、「黒岩大」の名前で演説三昧の日々。政治青年となるが、英語の成績は良かったそうだ。後に英米の小説を翻訳し、小説家デビューする下地はあった。


あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月11日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。