まだ元気な親から資産状況をどうやって聞き出すか?

まだ元気な親から資産状況をどうやって聞き出すか?
拡大する(全1枚)

 お正月になり、身内が集まる。何となく気になるのが親の様子だ。元気ならまだしも、少し弱っている姿を見ると、不安になる。いよいよ介護が始まるかなと。そして同時に、親の財産のことが心配になってくる。いくらぐらい持っているのか。どこに証書はあるのか。離れて暮らしているとなおさらだ。本書『親のお金守ります』(自由国民社)は、そうした不安にこたえた手引きだ。

手遅れにならない前に

 本書は、「1章 『親のお金』マナーと急所」、「2章 『親のお金』をどう守る?」、「3章 『親のお金』どこが心配?」、「4章 『親のお金』をどう分ける?」、「5章 『親のお金』 相続その前に?」、「6 章 『親のお金』 はどこにある?」、「7 章 親が亡くなったあとのお金の出入り後始末」からなる。

 親の面倒を誰が見るのか。資産管理もするのか――それが何となく決まっている家なら話は簡単だ。はっきりしない家だと、身内で腹の探り合いになりややこしい。状態が悪くなってからでは遅すぎる。

 一般に親の高齢化に伴って発生する問題は三つあると思う。一つは、身辺整理。たいがい老親は「現役」を続けたがる。無理にでも、少しずつ身軽にさせなければならない。免許証の返上などもその一つだ。本人を納得させながらの作業になる。二つ目は騙されることの防止。オレオレ詐欺などに引っかからないように気を付けなければならない。それほどではなくても、知らないうちに、高額セールスにつかまり、何かを買い込んでいることもある。本人は良い買い物をしたと思い込んでいるから始末が悪い。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「介護」に関する記事

「介護」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「介護」の記事

次に読みたい「介護」の記事をもっと見る

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク