カヴァーは「執事・黒星は傅かない」。「神様はじめました」の鈴木ジュリエッタの新作も読める

 『花とゆめ』(白泉社)2020年3号では、12月に最新2巻が発売された「執事・黒星は傅かない」が表紙を飾っている。

カヴァーは「執事・黒星は傅かない」。「神様はじめました」の鈴木ジュリエッタの新作も読める
写真は、『花とゆめ』(白泉社)3号の表紙

 「執事・黒星は傅かない」は、内弁慶な女子高生お嬢・紫と、紫を溺愛&偏愛する執事・黒星の恋模様を描いた作品。作者は「花と悪魔」「黒伯爵は星を愛でる」などの音久無。紫と黒星の二人の可愛らしいイラストが3号の表紙を彩っている。

 さらに、「神様はじめました」などで有名な鈴木ジュリエッタの新作読み切り「名探偵 耕子は憂鬱」が巻頭カラーで掲載されている。主人公・耕子が事件の捜査のために訪れた下宿でくせもの揃いの四人の男子に出会い----というストーリー。

カヴァーは「執事・黒星は傅かない」。「神様はじめました」の鈴木ジュリエッタの新作も読める
画像は、「名探偵 耕子は憂鬱」(C)鈴木ジュリエッタ(白泉社)

 付録は、草凪みずほの大人気マンガ「暁のヨナ」の『「暁のヨナ」プッキューもぐもぐおはし by草凪みずほ』。赤を基調としたデザインの箸で、プッキューのシルエットや肉球などのモチーフがプリントされている。

カヴァーは「執事・黒星は傅かない」。「神様はじめました」の鈴木ジュリエッタの新作も読める
写真は、「暁のヨナ」プッキューもぐもぐおはし by草凪みずほ

 また、『花とゆめ』2020年3号では集中連載が好評だった、さくまれんの「神祇の守り人」の本格連載がスタートするほか、ミユキ蜜蜂の「なまいきざかり。 」がカラー付きで連載を再開している。

(BOOKウォッチ編集部)

あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月9日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。