発表は15日。第162回直木賞・芥川賞の候補作をおさらいしておこう

 第162回直木三十五賞と第162回芥川龍之介賞の選考会が1月15日に行われ、同日発表になる予定だ。
 選考会は午後4時より、恒例となっている会場、築地の料亭「新喜楽」で開催される。

 各賞の候補作は次のとおり。なお、BOOKウォッチでは、既刊である直木賞候補作について書評として紹介している。

第162回直木三十五賞の候補作

 『噓と正典』 小川哲(おがわ さとし)著 早川書房
 『熱源』 川越宗一(かわごえ そういち)著 文藝春秋
 『スワン』 呉勝浩(ご かつひろ)著 KADOKAWA
 『背中の蜘蛛』 誉田哲也(ほんだ てつや)著 双葉社
 『落日』 湊かなえ(みなと かなえ)著 角川春樹事務所
 ※タイトルのリンクをクリックすると書評が表示されます。

発表は15日。第162回直木賞・芥川賞の候補作をおさらいしておこう
第162回直木三十五賞の候補作

第162回芥川龍之介賞の候補作

 『幼な子の聖戦』 木村友祐(きむら ゆうすけ)著 「すばる 十一月号」掲載
 『音に聞く』 髙尾長良(たかお ながら)著 「文學界 九月号」掲載
 『デッドライン』 千葉雅也(ちば まさや)著 「新潮 九月号」掲載
 『最高の任務』 乗代雄介(のりしろ ゆうすけ)著 「群像 十二月号」掲載
 『背高泡立草(せいたかあわだちそう)』 古川真人(ふるかわ まこと)著 「すばる 十月号」掲載
 ※芥川賞の候補作品は雑誌掲載作品から選ばれるが、現時点で単行本として入手できる作品もある。

発表は15日。第162回直木賞・芥川賞の候補作をおさらいしておこう
第162回芥川龍之介賞の候補作の掲載誌

 どの作品が選出されるのか。注目の結果は15日に発表される予定。

 ※出展「公益財団法人 日本文学振興会」ホームページより。
 ※表示順は、各賞とも作者名の50音順。


(BOOKウォッチ編集部)

あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月14日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。