直木賞に川越宗一氏の『熱源』

 第162回直木賞の選考会が2020年1月15日行われ、川越宗一氏の『熱源』(文藝春秋)に決まった。同作は樺太を舞台にアイヌとポーランド人の民族学者との交流を描いた作品。

直木賞に川越宗一氏の『熱源』
写真は、『熱源』(文藝春秋)

 川越氏は1978年大阪府生まれ。京都府在住。龍谷大学文学部史学科中退。2018年「天地に燦たり」で第25回松本清張賞を受賞しデビュー。『熱源』は第9回本屋が選ぶ時代小説大賞を受賞している。

 BOOKウォッチでは、『熱源』を紹介済みだ。

(BOOKウォッチ編集部)

あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月15日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。