「婚活」という言葉を最初に使った雑誌は?

「婚活」という言葉を最初に使った雑誌は?

 「婚活」に「思想」などあるのか? 本書『日本婚活思想史序説』(東洋経済新報社)の大上段にふりかぶったタイトルを見て、はじめはそう思った。

 1970年代からこれまでの「婚活」論の変遷を、著者の佐藤信さん(東京大学先端科学技術研究センター助教)が「週刊東洋経済」に「榛原赤人」の筆名で連載したものをまとめたものだ。

 『鈴木茂三郎』(藤原書店)、『60年代のリアル』(ミネルヴァ書房)などの著書がある政治学者がなぜ、「婚活」論の本を書いたのか。「婚活論とは人生論であり、仕事論であり、またこの少子化日本においては国家論ですらある」と狙いを書いている。

シングルをかかげた「クロワッサン」

 いくつかの雑誌を素材に20世紀後半の婚活事情をまず探っている。「婚活0.0」の時代だ。「婚活」という言葉が生まれるよりずっと前、1980年代からすでに婚活は存在していたという。70年代には「見合い・恋愛混合型」の結婚が多くあったが、80年代に「婚活0.0」とでも呼ぶべき議論が登場する。

 70年代後半から80年代前半にかけて、雑誌「クロワッサン」がかかげるシングル賛歌が一部の女性の支持を集めた。シングルを謳歌し、結果として婚期を逃す「クロワッサン症候群」という言葉も生まれた。

 これに対して女性の側から結婚の価値を強調したのが、エッセイストでのちに作家となる林真理子さんだと指摘している。「私は、結婚を無邪気に信じられない女が、はっきり言って大嫌いである」とまで宣言していたそうだ。


あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「婚活 + 福岡」のおすすめ記事

「婚活 + 福岡」のおすすめ記事をもっと見る

「婚活 + 名古屋」のおすすめ記事

「婚活 + 名古屋」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「就職活動」のニュース

次に読みたい関連記事「就職活動」のニュースをもっと見る

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月2日のライフスタイル記事

キーワード一覧

  1. 婚活 アプリ
  2. 婚活 名古屋
  3. 婚活 大阪

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。