記者会見を「炎上」させないためには

記者会見を「炎上」させないためには
拡大する(全1枚)

 最近、生徒の自殺やいじめなどをめぐり、学校で記者会見が開かれるケースが増えている。昨年(2019年)発覚した神戸市立小学校における教師の同僚いじめでは、記者会見の言動におかしな点があり、それがさらなる危機的状況を招いた。本書『なぜあの学校は危機対応を間違えたのか』(教育開発研究所)は、実際に起きた失敗事例を踏まえ、被害を最小限に抑え信頼を守るための考え方とスキルについて、危機管理のプロがまとめた本だ。

「私は寝ていないんだよ!」で注目

 著者の石川慶子さんは広報PR会社を経て独立。リスクマネジメントの観点から戦略的、実践的なメディアトレーニングプログラムを提供している。著書に『マスコミ対応緊急マニュアル 広報活動のプロフェッショナル』(ダイヤモンド社)がある。

 学校にかんしては、2005年から2010年まで、茨城県つくば市にある教員研修センター(現・独立行政法人教職員支援機構)で幹部教職員を対象にリスクマネジメントの研修講師を務めた。そうした経験を生かし、「月刊 教職研修」(教育開発研究所)に連載したものを加筆修正したのが本書だ。

 危機(クライシス)が発生したときに説明責任を果たすことで信頼失墜を防ぐ活動を「クライシスコミュニケーション」と定義している。日本では「危機管理広報」と呼ばれることもあるが、広報=お知らせという誤解を招かないよう、本書では「クライシスコミュニケーション(CC)」と記述している。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク