「ガーゼマスク」は役立たない――100年前に指摘されていた!

「ガーゼマスク」は役立たない――100年前に指摘されていた!

 実に貴重な報告書が復刊されていることを知った。『流行性感冒――「スペイン風邪」大流行の記録 』(東洋文庫)。約100年前、世界で数千万人の命を奪ったというスペイン風邪について、直後に日本国内での被害状況や対応を総括した公的文書だ。内務省衛生局の作成。2008年に平凡社の「東洋文庫」に収められている。改めて手に取り、味読する価値が十二分にあると感じた。

日本では38万人が死亡

 本書の原本は大正11(1922)年の刊行。冒頭に「内務省衛生局」による「巻頭言」が掲載されている。当時の苦労ぶりがわかるので再録しよう。

 「全世界を風靡したる流行性感冒は大正七年秋季以来本邦に波及し爾来大正十年の春季に亘り継続的に三回の流行を来し総計約二千三百八十余万人の患者と約三十八万八千余人の死者とを出し疫学上稀に見るの惨状を呈したり。
 当局は毎次の流行に対し常に学術上の知見と防疫上の経験とに鑑み最善の施設を行ひ之が予防に努め或は防疫官を海外に派遣して欧米に於ける本病予防上に関する施設の実況を視察せしめ又特に職員を置きて専ら予防方法の調査に従事せしめ一面又学者及実地家の意見を徴する等本病予防上苟(いやしく)も遺漏なからんことを期したり。
 惟(おも)ふに本病の予防方法は尚今後における学術的研究に待つの要あるべしと雖(いえども)今次流行の際に於ける施設は又以て今後の参考資料と為すに足るものあるべきを信ず」

 ここから読み取れるのは、スペイン風邪は1918年から21年にかけて日本で3回流行し、いろいろな対策をしたが、合わせて2380万人あまりが罹患し、約38万人が死亡、「稀に見る惨状」を呈したこと、予防方法は今後の研究を待つしかないが、今回のさまざまな対処結果が先々の参考になるであろうこと、などだ。3年という長いスパンの中で波状的に襲来するスペイン風邪に翻弄され、内務省衛生局の担当者としても対応に苦しんだ様子が浮かび上がる。

あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月1日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。