会社を辞める前に読んでほしい本

会社を辞める前に読んでほしい本

 『店長がバカすぎて』(角川春樹事務所)。なんともストレートなタイトルだが、「本屋大賞2020」にノミネートされ、全国の書店員さんから熱い支持を受けている。2019年7月の発行だが、2020年2月で11刷と増刷を重ねている。売れているのは、本書の舞台が書店ということも手伝って懸命にセールスしているせいかもしれない。

書店員の熱意で本は売れる

 本を買うのはお客。店員が売りたいと思った本が売れる訳でもないだろう、と思うかもしれない。しかし、そうではない。書店員はベストセラーを作ることだって出来るのだ。そのあれこれが、詳しく書かれているので、現場のこんな声が帯に紹介されている。

 「早見さん、もしかして隠してます? 書店員でした? リアルすぎます」
 「書店業界だけで盛り上がるんじゃなくていろんな人に読んでもらいたい」

店長に反発する契約社員

 物語の主人公、谷原京子は武蔵野書店吉祥寺本店に勤める契約社員。小説など文芸が担当だ。店長の山本猛の無駄に長い朝礼や自己啓発本への傾倒、書店の店長なのにあまり本を読まない態度に対して反発を覚えている。でも他の人に店長の悪口を言われると守ってあげたくなるという微妙な関係だ。

 失敗続きの毎日。憧れていた女性の先輩が急に辞めると言い出し、自分も辞めたくなった京子。

 「書店員としての自分の限界も感じていた。自分がいいと思って、一生懸命仕掛ける本はなかなか売れない反面、ベストセラーは置いておくだけで捌けていく」

あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月4日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。