SDGsで見直される横浜防火帯建築を知ってますか?

SDGsで見直される横浜防火帯建築を知ってますか?

 戦後、都市の不燃化を目的に、「耐火建築促進法」(1952年施行)に基づき、全国92都市で防火建築帯が指定された(このうち48が戦災都市)。本書『横浜防火帯建築を読み解く』(花伝社 発行、共栄書房 発売)は、横浜の関内・関外地区に全国に類を見ないほど高密度に建てられた防火帯建築の歴史といまを探求した本である。

焼け野原に民間の人々が建てた

 横浜の中心部は戦災で焼け野原になり、戦後米軍に接収され、兵舎が立ち並んだ。その後も「関内牧場」と呼ばれる空き地が広がるところから復興が始まった。接収が解除されたのは1952年。復興の遅れが、防火帯建築が広がる要因にもなった。

 全国92都市に総延長638キロの防火建築帯が指定されたが、地方都市では目抜き通りが指定されることが多かった。総延長では東京(約122キロ)、大阪(約119キロ)に次ぐ横浜(37キロ)だったが、中心部の面積に対する割合からすれば、横浜は突出していた。

鉄筋コンクリート造りの3、4階建て

 個人の建物(店舗や住宅)の建設に国庫補助をする画期的な法律で、多くは鉄筋コンクリート造りの3、4階建てだった。横浜では住宅不足を解消するため、神奈川県住宅公社がユニークな方法を編み出した。下層部に店舗や事務所が入り、その上を屋上とみなし、敷地を貸借する方法だ。こうした下駄ばきアパートを含めて440棟が建設され、204棟が現存する。

 近年の再開発で、姿を消しつつある横浜の防火帯建築に着目した横浜国立大学大学院都市イノベーション研究院准教授の藤岡泰寛さん、神奈川大学工学部建築学科教授の中井邦夫さんという2人の研究者のほか、建築、都市計画、まちづくり、行政の専門家でつくる「防火帯建築研究会」が、この5年間行ってきたシンポジウム、街歩き、公開講座の成果をまとめたのが本書である。


あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月29日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。