クラムチャウダーが名物なのはどこ? 世界300地域の料理から知る多様性

 「旅好き」、「料理好き」、「食いしん坊」このうちどれか一つでも当てはまる人は、誠文堂新光社から2020年6月11日に発売される『世界の郷土料理事典』がおすすめだ。

クラムチャウダーが名物なのはどこ? 世界300地域の料理から知る多様性
画像は、『世界の郷土料理事典』(誠文堂新光社)

 世界各国、300地域の家庭料理や伝統料理を紹介した本で、単なるレシピ本とは違い、その国の歴史や宗教、食文化といった、料理が生まれた背景まで知ることができる。

 著者は、各国・郷土料理研究家で、世界の料理や日本で楽しめる各国のレストラン情報を掲載しているサイト「e-food.jp」代表の青木ゆり子さん。サイト設立20周年を迎え、青木さんが長年続けてきたフィールドワークと研究の成果を一冊にまとめた。

 掲載されている世界の料理を一部紹介しよう。


【アジア】

 身近なアジア地域の郷土料理は、キチュリ(インド)/ショルシェ・マーチ(バングラデシュ)/エマ・ダツィ(ブータン)/ガルディヤ(モルディブ)/バイン・セオ(ベトナム・南部)/ラープ(ラオス)/パッタイ(タイ)/サテ(インドネシア)/バター・ダーン(東ティモール)/ボーズ(モンゴル)/カリークラブ(マカオ)/ルーローファン(台湾)/ビビンパ(韓国)/京手まり寿司(日本・京都)など。


【北・中央アメリカ、カリブ】

クラムチャウダーが名物なのはどこ? 世界300地域の料理から知る多様性
画像は、『世界の郷土料理事典』(誠文堂新光社)より。セントルシアのページ

 北・中央アメリカ、カリブ地域は、ロブスターのプーティン(カナダ)/ジャンバラヤ(アメリカ・ルイジアナ州))/ロミロミ・サーモン(アメリカ・ハワイ州)/タコス(メキシコ)/サオ(パナマ)/アロス・コングリ(キューバ)/ラ・バンデーラ・ドミニカーナ(ドミニカ共和国)/ブイヨン(セントルシア)など。セントルシアは、かつて英仏が領土を争った場所で、アフリカ系住民が多い島国。フランス語に由来するスープ料理「ブイヨン」が紹介されている。調理用青バナナの「プランテーン」が使われているのが特徴だ。


あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月30日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。