日本軍は瀬戸内海で「毒ガス弾」の発射実験をしていた!
拡大する(全1枚)

 炭鉱などで有毒ガスを察知するために、カナリアが使われていたということはよく知られている。本書『ウサギと化学兵器――日本の毒ガス兵器開発と戦後』(花伝社)は、同じような目的でウサギが使われていたかどうか、丹念に調べたものだ。日本軍の化学兵器工場の実態を改めて浮き彫りにしている。

講演がきっかけ

 著者のいのうえせつこさん(本名井上節子)は1939年生まれ。京都府立大学卒。子ども、女性、平和などの市民運動を経て女性の視点で取材・執筆・講演活動。フリーライター。一般社団法人審査センター諮問委員。一般社団法人AV人権倫理機構監事。NPO法人精舎こどもファンド代表。NPO法人あんしんネット代表などを務める。

 著書に、『地震は貧困に襲いかかる──「阪神・淡路大震災」死者6437人の叫び』(花伝社)、『女子挺身隊の記録』『占領軍慰安所──敗戦秘史 国家による売春施設』『子ども虐待──悲劇の連鎖を断つために』『女性への暴力──妻や恋人への暴力は犯罪』『高齢者虐待』『多発する少女買春──子どもを買う男たち』『AV産業──一兆円市場のメカニズム』『買春する男たち』『新興宗教ブームと女性』『帰ってきた日章旗──ある二等兵の足跡・太平洋戦争再考』(新評論)など多数。

 いのうえさんが、ウサギと毒ガスの関係に関心を持ったのは2019年1月、『追跡・沖縄の枯れ葉剤』(高文研)の著者、ジョン・ミッチェル氏の講演を聞いたのがきっかけだ。ミッチェル氏によれば、化学兵器開発の現場ではガス漏れなどの危機察知のためウサギが使われているのだという。日本の陸海軍も化学兵器を作っていたから、ウサギが使われていたかもしれないと思って調べ始める。