ビフィズス菌は便秘解消に関係なし!

ビフィズス菌は便秘解消に関係なし!
拡大する(全1枚)

 腸内細菌と聞くと、大概の人は「腸内フローラ」のことですね、とピンとくる。腸の中にいる大量の細菌類で、善玉菌と悪玉菌がいる――本書『腸内細菌の逆襲 お腹のガスが健康寿命を決める』 (幻冬舎新書)は、主としてその活動のマイナス面を最新研究に基づいて解説したものだ。巻末には多数の海外文献が掲載されている。一般向けの新書では珍しい。

小腸内細菌増殖症に注目

 「ビフィズス菌は便秘に逆効果!」「『食物繊維を多くとれ』はウソ!」など、常識とはちょっと違う刺激的な警告が帯に並んでいる。

 著者の江田証さんは1971年生まれ。医学博士。自治医科大学大学院医学研究科修了。江田クリニック院長。日本消化器病学会奨励賞受賞。日本消化器病学会専門医。日本消化器内視鏡学会専門医。米国消化器病学会(AGA)インターナショナルメンバーを務める。著書に『医者が患者に教えない病気の真実』『病気が長引く人、回復がはやい人』『おなかの弱い人の胃腸トラブル』(いずれも幻冬舎)などがある。

 腸内細菌はこれまで私たちの健康の味方と考えられてきた。しかし最新の研究で、現代人の食生活の乱れ、ストレス、抗生物質の乱用などによって腸内細菌が異常に増え、腹部の張り、ガス、下痢や便秘を招く小腸内細菌増殖症=SIBOが発症することがわかってきたという。現在、1700万人もの日本人が原因不明のお腹の不調に悩まされているそうだ。慢性的な疲れ、だるさ、集中力の低下、がん、動脈硬化、心不全、肝不全などあらゆる症状や病気につながるSIBOを予防・改善するための食事・生活習慣と最新療法を、腸のスペシャリストがくわしく解説――というのが本書の概要だ。


当時の記事を読む

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月23日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。