日本はなぜ「PCR検査」が立ち遅れているのか

日本はなぜ「PCR検査」が立ち遅れているのか
拡大する(全1枚)

 ついに岩手県でも新型コロナの感染者が出た。全国では連日1200人を突破し、最高記録を更新している。東京都の小池百合子知事は「これは第二波」という認識を示した。日本のコロナ禍はこのところ、だれが見ても新たな局面に入っている。

 そんな中で本書『PCR検査を巡る攻防――見えざるウイルスの、見えざる戦い』(リーダーズノート)が発売されている。コロナ関係の本は多いが、PCRに絞ったものは珍しい。早くもアマゾンの「ジャーナリズム」部門で1位、「感染症」部門で2位にランクインしている。待たれていた本ということになる。

改めて議論を整理し分析

 著者の木村浩一郎さんは医者ではない。感染症の専門家でもない。医療ジャーナリストでもない。本書の出版元「リーダーズノート」出版代表、リーダーズノート編集部編集長。編集者、ライター。出版社、プロダクションを経て現職というのがあらましの経歴だ。1961年生まれ。

 何か特別の取材意欲や使命感を持って、「PCR」というテーマに取り組んだわけではない。コロナが拡大する中で、世間ではPCRへの関心が高まっていた。諸外国に比べて日本は検査が不十分ではないのか、早急にもっと増やすべきだ、という切迫した声が広がる。あるいは逆に、検査の拡大にはいろいろ問題がある、という専門家の反論もあった。しかも、専門家の中でも意見が分かれている。素人には何が何だかわからない。

 PCR検査論争に首を突っ込んだ時の心境を、木村さんは以下のように記している。


当時の記事を読む

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月31日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。