青春を追憶して真実に迫る中年男を描いた芥川賞候補作

青春を追憶して真実に迫る中年男を描いた芥川賞候補作
       

 今期、第163回芥川賞はダブル受賞となった。遠野遥さんの『破局』と高山羽根子さんの『首里の馬』は、それぞれ話題になっている。芥川賞を受賞した作品は脚光を浴びるが、候補に終わった作品はあまり取り上げられることはない。

 本書『アウア・エイジ(our age)』(講談社)も候補作の一つ。単行本になったのを機会に読み返してみると、不思議な味わいのある作品だった。

 著者の岡本学さんは、1972年生まれ。早稲田大学教育学部理学科数学専修卒。早稲田大学大学院国際情報通信研究科博士課程修了。博士(国際情報通信学)。日本電信電話株式会社勤務、神奈川工科大学情報学部准教授を経て、2017年より教授。12年、「架空列車」で第55回群像新人文学賞を受賞。同年、本作品を収録した『架空列車』でデビュー。

 芥川賞候補になった時点で、BOOKウォッチは、以下のような梗概を紹介した。

映画館でのアルバイト

 「アウア・エイジ」は、数学を専攻する大学院生の主人公が、映画館の映写技師のアルバイトをする話。いつも立って映画を観ている「ミスミ」と名乗る女性が、アルバイトとして入ってくる。彼女は「私殺されるような女なのよ」としばしばつぶやくミステリアスな存在だった。その後、大学に職を得た私が、20年ぶりに彼女の周辺を探索すると......。青春時代の追憶と中年になった現在が苦く交錯する。

塔の写真

 確かに話の筋はそうなのだが、魅力的なディテールがまったく欠落していた。


あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「青春を追憶して真実に迫る中年男を描いた芥川賞候補作」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    「エ ロ カ ム ゴ」の謎

    0
この記事にコメントする

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月22日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。