塩こうじの次は「塩糖水」! 安いお肉もふっくらジューシーに

塩こうじの次は「塩糖水」! 安いお肉もふっくらジューシーに
       

 肉や魚にまぶしておくだけでおいしくなる調味料といえば、大ブームになった「塩こうじ」。和食を中心に活用されているが、いま、塩と砂糖と水を使った「塩糖水(えんとうすい)」が話題なのを知っているだろうか。

塩こうじの次は「塩糖水」! 安いお肉もふっくらジューシーにの画像はこちら >>
画像は、『おいしくなって保存もきく!塩糖水漬けレシピ』(世界文化社)

 料理研究家の上田淳子先生が、2019年に「暮しの手帖」(暮しの手帖社)で紹介し大反響を呼んだ、塩糖水。それを活用するレシピをまとめた『おいしくなって保存もきく!塩糖水漬けレシピ』(世界文化社)が、2020年9月11日に発売された。

 塩糖水とはもともと、フランスでは「ソミュール液」、アメリカでは「ブライン液」と呼ばれるもので、上田先生が日本風にアレンジし紹介したところ、話題となった。塩、砂糖、水を一定の割合で混ぜ、そこに肉や魚を漬けるだけで、おいしくふっくらジューシーに仕上げられるのだという。

 安価な鶏むね肉や魚でもぷりぷりの食感になり、新鮮さもキープできる。魚の場合、臭みがとれるという効果も。冷めても硬くならないのでお弁当に入れやすいなど、良いことづくめだ。

塩こうじの次は「塩糖水」! 安いお肉もふっくらジューシーに
画像は、『おいしくなって保存もきく!塩糖水漬けレシピ』(世界文化社)より(以下、同じ)

 塩糖水を作るための材料は、以下の通り。

・塩(あら塩) 小さじ3分の2
・砂糖 大さじ2分の1
・水 100ミリリットル

 たった3つの材料で作れるのだ。

 ではそもそも、なぜ塩、砂糖、水だけで食材がやわらかくなるのだろう?


あわせて読みたい

J-CAST BOOKウォッチの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月13日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。